喪主となる皆様へ

初めて喪主になられる皆様へ

喪主は、一連の葬儀を主催し、遺族・親族を代表して弔問をうける役割がございます。喪主は一般的に故人様と一番関係が深い方が務められます。お悔やみの言葉を承ったら、御礼の言葉を述べ弔問に対して感謝の意を示します。

  • お葬儀の形式
    宗派のご確認

    葬儀は仏式・神式・キリスト教式から無宗教式までございます。また仏式でも宗派によって祭壇の形や飾りつけ、式の進行、焼香の方法、葬具など違いがございます。菩提寺や仏事に詳しいご親族に確認しておかれるとご安心です。

  • 安置場所と
    葬儀場のご検討

    ご自宅に安置する場所が確保できない場合は、病院などから直接葬儀場に搬送し、安置する事も考えられます。

  • ご逝去直後の
    届出・お手続き

    ご逝去時には、病院などの所定の機関より死亡確認書類を受け取り「死亡届」と「埋火葬許可申請」2つの手続きを行う事が必要となります。

  • お葬儀の進め方

    喪主は葬儀内容の決定や参列者、宗教家への対応など、お葬儀に関わる重要項目の最終決定を行います。また、当日は葬儀の監督としても立ち回ります。

『お葬儀に関してご不明な点はございませんか?』

  • セレモアでは、お葬儀に関する様々なご相談に対し、総合ご相談窓口“セレモピアン“で経験豊富な女性スタッフがお応えさせていただきます。ご相談無料・ご予約も不要ですので、ぜひお立ち寄りください。

1990年、セレモアは全国で初めて駅ビル・百貨店などに
お葬儀の事前ご相談窓口「セレモピアン」を出店いたしました。

セレモピアンのご案内はこちら

24時間365日ご相談無料 セレモアの無料相談ダイヤル 0120-430-430

故人様のご搬送、葬儀場/安置所のご紹介、お葬儀の見積り等、なんでもお気軽にご相談ください。