香典(表書き)の書き方

香典の基礎知識

香典とは?

通夜や葬儀でお金をお包みする事を「不祝儀」と言いますが、一般的には「香典」と呼ばれています。香典を用意するにあたり、表書きの書き方で困ったり悩んだりした経験はないでしょうか?表書きにも書き方にもマナーがあります。葬儀では伝統やマナーがとても大切にされる場ですので、しっかり事前に確認しておきましょう。
表書きは、故人またはご喪家の宗教により、書き方や香典袋の種類、また香典を送るタイミングによって書き方が変わることがあります。「御霊前」「ご霊前」はほとんどの葬儀に使われる一般的な表書きです。しかし「御霊前」「ご霊前」が使えない宗教もあります。仏式の浄土真宗では「御仏前」、キリスト教式では「お花料」、神式では「御玉串料」などが使われます。

表書き書き方と薄墨について

中央には自分の姓名もフルネームで記入します。
裏には郵便番号、住所、氏名、金額を記入します。親しい間柄であっても記入するようにしましょう。これにより香典の整理をするご遺族の方の負担を減らす事にもつながります。記入の際には金額などの数字は漢数字で記入をします。また、表書きを書く筆は「毛筆」や「筆ペン」を用いて薄墨で書きます。薄墨を用いる理由は、『本来は、きちんと墨を摺って濃い文字で書くべきところ、あまりの悲しみで力が入らない』という意味や、『悲しみの涙がすずりに落ち、摺っても摺っても薄くなってしまい、薄墨で書かざるをえませんでした。』という意味合いから薄墨でもよいとされました。

表書きの書き方の一例

香典袋の表書きの書き方から袋や水引の選び方、包み方から渡し方など各所にマナーがあります。故人へのお悔やみの気持ちがもっとも大切ですが、その気持ちがしっかりと故人や遺族の方に伝わるように事前にしっかりマナーを覚えておくとよいでしょう。

  • 仏式の香典の表書き
    (四十九日まで)

    水引は黒白を使います。
    表書きの上段中央に「御霊前」と書く事がもっとも多いようですが、浄土真宗の場合は、「御仏前」と書きます。他にも「御香典」「御香料」と書く場合もあります。

  • 忌明け(四十九日)後法要
    の香典の表書き

    黒白または黄白の水引を使います。「御仏前」と書きます。
    他にも「御供物料」と書く場合もあります。

  • 神式の表書き

    銀の水引を使って、「御玉串料」と書きます。 「御神前」「御榊料」と書く場合もございます。

  • キリスト教式における表書き

    「献花料」や「御花料」と書きます。水引はなくてもかまいません。

  • 二名の連名で包む場合

    横に並べてそれぞれの名前を書きます。
    連名は三名までが一般的と言われています。

  • 複数で香典を包む場合

    半紙などに香典をお出しになられる方全員の名前を書き、中袋に入れます。 表書きには「○○会有志」や「○○会社営業部一同」のようにグループを表す名称だけを書きます。

香典袋の選び方

香典袋の選び方にも注意しましょう。宗教や包む金額によって香典袋は異なります。仏式葬儀や神式葬儀であれば黒白の水引または、銀一色の水引を選び、結び切りを使用します。キリスト教の葬儀ではカトリック、プロテスタントともに、水引は使いません。蓮(はす)の花が描かれている香典袋は「神式」「キリスト教」の葬儀では使わず、仏式のみで使う物ですので注意しましょう。また、それぞれ包む金額に見合う香典袋を選ぶのがよいでしょう。
香典に使うお札は、一般的には新札を使わないようにと言われています。葬儀とは予期せぬ出来事であり、事前に用意するものではありません。新札を用意するという事は前もって死を予測して用意していた印象を与え、配慮に欠けるといわれます。新札の場合は一度折り目を付けて使うようにしましょう。

ふくさの包み方

香典袋はむき出しにして持参するのではなく、相手に渡すまで「ふくさ」に包んでおきましょう。ふくさは祝儀にも用いられ、慶事・弔事のどちらでも使うことが出来る紫色を選ぶ方が多いようです。包み方は慶事と弔事では異なり、弔事では袋をふくさの右寄りに置き、右、下、上の順にかぶせます。最後は左側からぐるりと巻き込むようにして包むのが一般的です。
受付では、まず一礼をしてからお悔やみの言葉をお伝えします。ふくさを開いて袋を取り出したら、ふくさを手早くたたみ、その上に袋をのせ、相手に向け直して両手で差し出しましょう。

『お葬儀に関してご不明な点はございませんか?』

  • セレモアでは、お葬儀に関する様々なご相談に対し、総合ご相談窓口“セレモピアン“で経験豊富な女性スタッフがお応えさせていただきます。ご相談無料・ご予約も不要ですので、ぜひお立ち寄りください。

1990年、セレモアは全国で初めて駅ビル・百貨店などに
お葬儀の事前ご相談窓口「セレモピアン」を出店いたしました。

セレモピアンのご案内はこちら

24時間365日ご相談無料 セレモアの無料相談ダイヤル 0120-430-430

故人様のご搬送、葬儀場/安置所のご紹介、お葬儀の見積り等、なんでもお気軽にご相談ください。