葬儀の流れ・葬式の流れ

人生の最期を飾る大切なセレモニーである葬儀の流れをご紹介します。宗教儀礼に基づき厳かに執り行われるお葬儀は、故人が生きてきた証でもあります。そして、ご参列された方々が故人の生前を称賛し、旅立ちを優しく見守り、送ってさしあげることがなによりのご供養となります。セレモアでは、ご遺族様の悼みを私どもの悼みとして、ご臨終から通夜・お葬儀・法要に至るまで、誠心誠意お手伝いさせていただきます。

お葬儀は以下のような流れで執り行われます

下図の各項目をクリックすると、その詳細をご覧になることができます。

  • 1 事前の心構え
  • 2 ご臨終
  • 3 ご臨終直後に行うこと
  • 4 ご安置
  • 5 お葬儀の準備
  • 6 ご納棺
  • 7 通夜式
  • 8 お葬儀・告別式
  • 9 お別れ・ご出棺
  • 10 初七日法要、精進落とし
  • 11 お葬儀を終えて

お葬儀の事前準備

お葬儀の流れにおいて大切なのは事前準備です。もしものことを考えることに気持ちが引けてしまうと言われる方もいらっしゃいますが、事前にご心配な方のご要望やご自身の意見をまとめておくことも必要です。

宗旨・宗派の確認 お葬儀には、仏式・神式・キリスト教式から無宗教式まであります。
同じ仏式の葬儀でも宗派によって、その進行や焼香の方法が変わってまいります。あらかじめご自身の宗派を確認しておきましょう。
菩提寺の確認 事前に菩提寺(ご先祖をお守りいただいているお寺)を確認しておきましょう。
会葬者数の確認 会葬礼状や返礼品などを準備する数や、それに関わる葬儀費用を把握するためにも、会葬者の数を予測しておくとよいでしょう。
連絡先のリスト作り 寺院・親戚・勤務先・学校など、連絡もれを防ぐためにも、緊急連絡先一覧表を作っておきましょう。
遺影写真の準備 遺影写真は、お葬儀だけでなく、忌明けまで後飾りの祭壇にご遺骨と一緒にご安置し、その後故人を偲ぶためお部屋に飾るなど、後々まで多くの人が目にする大切な写真です。できるだけ大きくて鮮明な、お気に入りの写真を準備しておきましょう。

ご臨終直後に行うこと

家族や近親者への危篤の連絡

連絡をする際は家族や近親者に優先して連絡をしましょう。近親者は三親等ぐらいを目安に、日頃からの付き合いの深さを考慮して決めましょう。次いで、本人と親しい友人や知人、勤務先などの順となります。

病院・施設で亡くなられた場合

ご臨終 セレモアに連絡 セレモアが寝台車にて向かいます あとはすべてお任せください

「セレモア」にお電話をいただければ、昼夜を問わず寝台車ですぐにお迎えにまいります。
病院からご自宅または式場へご移送いたします。

病院・施設等で亡くなられた場合、葬儀社を紹介される場合がありますが、その時は「セレモアに依頼済みです。」とお伝えの上、セレモアへご連絡ください。すぐにご指定場所にお伺いいたします。なお、指定された葬儀社をお断りしても、何らご心配ありません。

ご自宅で亡くなられた場合

ご臨終 セレモアに連絡 セレモアが寝台車にて向かいます あとはすべてお任せください

お体をお守りするためのドライアイスのお手当や、お参りができるようご準備させていただきます。

その他で亡くなられた場合

ご臨終 セレモアに連絡 セレモアが寝台車にて向かいます あとはすべてお任せください

「セレモア」にお電話をいただければ、ご指定場所へ寝台車ですぐまいります。
ご自宅または式場へご移送いたします。

ご安置

ご遺体をご安置し、枕飾りを設置いたします。ご自宅ではお布団をご準備いただき、頭を北の方角に向けてお寝かせいたします。部屋の状況で頭を北向きにできないときには、西向きでもかまいません。

お葬儀の準備

お葬儀を行う日時と場所などを決めます。日程に応じ、お葬儀の内容や費用をご相談いたします。

ご納棺

一般的に通夜の前にご納棺するのが習わしですが、最近はご遺体保存のためすぐにご納棺を行う場合もあります。このとき、経帷子(きょうかたびら)等を付けて旅仕度をし、故人が愛用していた物を一緒に納めます。なお、ご納棺の際に用意するものは当社係員にご相談ください。神式・キリスト教式の場合もそれぞれの作法で行います。無宗教式の場合は特に決まった作法はありません。

通夜式

祭壇を飾りお棺を祭壇にご安置したら、お通夜を行います。 お通夜は、ご遺族ご親族、故人と親しかった友人・知人が集まり、故人の冥福を祈ります。お通夜の開式は午後6時か7時が多く、30分~1時間位の読経があります。 ご導師の読経が始まって、ご焼香に入ります。ご焼香が終りご導師が退場したら、喪主かご親族代表が会葬者へお礼の挨拶をしてしめくくります(地域により異なります)。弔問客への通夜ぶるまいとして、食事やお酒、茶菓等でおもてなしをします。また、場所等の都合で会食ができない場合は、お清めのお酒等を持ち帰って頂く方法もあります。

神式、キリスト教式については、セレモアにおたずねください。

お葬儀・告別式

席次は式場で行う場合はお通夜とほとんど変わりありませんが、自宅葬の場合は焼香客への答礼のため変更することがあります。一般焼香客の焼香場所のすぐ近くに、喪主、ご遺族、世話人が着席します。

定刻になったらご導師が入場し、読経が始まります。導師焼香の後、喪主、ご遺族、ご親戚と血縁の濃い順に焼香し、弔辞、弔電奉読の後再び読経があり、一般焼香に移ります。宗派により順序が多少異なります。

ご焼香が終わったら、ご導師が退場し、お別れの準備をいたします。

お別れ・ご出棺

準備ができ次第、故人がお好きだったものをお納めし、お花でお顔の回りやご遺体の回りをお飾りし、最期のお別れをしていただいた後、血縁の濃い順に石で軽く1~2回釘打ちをしてお別れの儀式を終わります。(宗派により異なります。)

お棺を霊枢車にご安置した後(式場の場合、親族謝辞が先になる事もあります)、会葬者へ喪主またはご親族代表が謝辞を述べ火葬場へ行かれる方が車に乗り、火葬場へ向けてご出発いたします。 神式、キリスト教式については、当社係員におたずねください。

初七日法要・精進落とし

火葬場からお帰りになりましたら、玄関先でお清めをして、後飾りの祭壇にご遺骨、お位牌、ご遺影をご安置し、初七日の準備をします。初七日は、正式には亡くなった日を入れて七日目に行っていますが、ご親族に遠方から来て頂いている場合は、全員集まっているお葬儀当日に行うことが多くなっています。

精進落としは、通夜以来、お葬儀が終るまでお世話になった方へのお礼を込めて、酒、食事、茶菓等を出し、喪主様がお礼の挨拶をして労をねぎらいます。ご遺族は末席に座って接待やサービスをするのが習わしです。

神式、キリスト教式については、当社係員におたずねください。

お葬儀を終えて

後飾り祭壇にご遺骨、お位牌、ご遺影をご安置いたします。なお、白木のお位牌は、忌明けの法要の時、本位牌に入魂して取り替えます(宗派によりことなります)。「セレモア」では、お葬儀後に必要となる様々な手続きや事柄について、ご相談を承りますのでお気軽にお申しつけください。

セレモアの葬儀TOPへ戻る